我が家の一員になったシャイなレアルくん奮闘の日々


by rearumama

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
はじめて
お誕生日
記念日
お散歩
おでかけ
ドッグラン
訓練
病院
里帰り
サッカー
一発ネタ
プレゼント
レアル

最新の記事

お土産~♪
at 2011-06-27 23:38
秘技!
at 2011-06-02 20:31
お散歩??
at 2011-05-22 19:25
犯人は誰だ?!
at 2011-05-08 01:03
びっくり!!
at 2011-05-08 01:02

以前の記事

2011年 06月
2011年 05月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
more...

フォロー中のブログ

気まぐれ散歩

お仲間リンクサイト

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

去勢手術と命について考える

12月2日。
昨日、レアルの去勢手術を受けに行ってきました。

去勢については、レアルがうちに来て間もなく2箇所の動物病院に話を聞きに行っていました。
わが家で約16年過ごしたジョン(M・ダックス)が途中からお世話になっていた病院と、
出来てまだ半年ほどの情報のない新しい病院。
去勢するなら早い方がいい、簡単な手術だと分かってはいるものの、
私自身がずっと病院勤めだったこともあり、獣医さんの腕はもとより、
やはり全麻というのがとても心配で、どちらでお世話になるか決めかねていました。
それでも人間が手術をするのは、リスク < メリットだからです。

もちろん、私が勤めていた間に麻酔や手術が原因で亡くなられたケースはなかったけれど、
麻酔をかけるリスクや体にメスを入れる負担は、動物も同じだと思っています。
ジョンも去勢せず最期まで健康で長生きしたし、
情報を集めていると、稀とはいえ去勢手術を受けて愛犬を亡くしたという例も目にしました。
でもレアルだって手術した方がいいと思うのなら、私が決めなくてはいけません。

ちゃんと適切な金額を支払って医療行為を受けるのだから、気になることは聞くべきだし、
『インフォームド・コンセント』という言葉があるように、リスクを少なくするためにも
遠慮してわからないままにすることはないと思います。
まして、命を預けるような場合であればなおさらです。(あくまで私の考えです)
大事な愛犬を託すのだから、動物病院で死亡例がないかまで確認させてもらいました。

先日行った地元の産業祭で、レアルを抱っこしてくださった方がいらっしゃいました。
その方も1歳ちょっとのチワワを飼っているそうで、『動物病院はどこ?』と聞かれました。
愛犬がお盆の夜遅くにケガをしてしまい、ある病院に行ったところ、
どんな治療をしたかもわからないまま4万くらい請求されたとのことでした。
実は、ジョンが最初にかかっていた病院・・・
その後、病院を変えたそうで『よかったよ~』と教えてくださったそこが、
私が話を聞きに行っていたうちの新しい方の病院でした。

ようやく決心がつき、さっそく行きました。
軽く診察してもらい、体重1.74㎏、心音異常なし、目異常なし、耳異常なし、
歯もすべて生え変わっているしOK、
あとは当日に術前検査として血液検査をするだけです。

そして昨日の午前中に病院に連れて行き、夕方迎えに行くと
『血液検査の結果も問題なく、無事に終わりましたよ』とのこと。
いつも水を飲むと『カァーッ』とすることも気になっていたのですが、
気管挿管の際にのども診てくださったそうで、異常なしとのことでした。
飲み方が下手なのかな・・・?笑
健康だから大丈夫と言い聞かせてはいたものの、元気な姿を見てホントにほっとしました。
a0142274_1143085.jpg
私と出会わなければ、レアルは自分の子供と出会えたのかもしれません。
そしてその子供、またその子供たちも新たな飼い主さんと出会っていたかもしれません。
もう子孫を残すことはできません。
ジョンだって去勢しなくても元気だったのだから、しなくてもよかったかもしれません。

ただ、私はどんな子が生まれようと、何があろうと、
生涯その命に対し責任を持って面倒をみる自信‥・というか覚悟がないのなら、
作るべきではないと思っています。
その責任は、人間だろうと動物だろうと変わらない。

私にできることは、レアルにいっぱい愛情を注いでこれからも元気でいてもらうこと。
次にブリーダーさんと再会した時がっかりさせてしまわぬよう、成長していこうね。。
ブリーダーさんと出会えたこと、レアルと出会えたことに感謝しながら、私も成長しなくちゃね。
a0142274_11401839.jpg
なんだか、いつもよりウルウルしている気が・・・・・・よく頑張ったね。 お疲れさまでした040.gif
カラーが取れたら、めいっぱい走りに行こうね045.gif

お世話になった病院はこんなこともされていました。
こちらのブログ胸が締め付けられる思いでした。涙なしではとても読めません。
保護活動はレアルのお里でも頑張っていらっしゃいます。
感電はしないのでご安心ください。
なぜならイルミネーションは夜しか見られないから・・・ぜひ応援してください!

獣医さんには質問にも親切丁寧にお答え頂いたので、これからもお世話になろうと思います。
[PR]
by rearumama | 2009-12-03 12:52 | 病院